モトカレマニア 1巻のネタバレ感想/モトカレとの奇跡の再会

モトカレマニア 1巻のネタバレ感想/モトカレとの奇跡の再会




 

「モトカレマニア」コミック第1巻の感想について、ネタバレを交えながらまとめていきます。

「モトカレマニア」は無料試し読みもできるので、序盤だけ無料で読んでみてからこの記事を読むことで理解が深まるかもしれません。

>>「モトカレマニア」の無料試し読みはこちら

 

スポンサードリンク

モトカレマニア 1巻のネタバレ感想

27歳の主人公・難波ユリカの毎日の日課はモトカレの妄想をし、妄想のモトカレに話しかけることでした。モトカレの名は斉藤真・通称マコチです。

ユリカは、マコチとは22歳のときに別れたのですが、いまだに彼の存在をずっと引きずっているのです。

 

SNSで、斉藤真の名前を検索することがもはや日課となっているユリカですが、なんせ斉藤真は平凡な名前だから、なかなか探しだせません。

平凡な名前あるあるね。私も平凡な名前のモトカレを検索してみて、そのヒット数の多さに辟易してあきらめたこと、何度もあります。(笑)

 

しかしユリカ、ただモトカレを引きずっているだけなら普通なんですけれども、毎日妄想のマコチと会話をしているというリアルにヤバイ女子なのです!

ユリカは、妄想の中のマコチをどんどん自分好みにカスタマイズし、自由にマコチを呼び出し(妄想の中で)毎日マコチに甘い言葉をかけてもらっています。

 

ユリカにとってマコチはもはや神。ちょっとした出来事もすべてマコチの啓示だと思っています。

友人のひろ美に対して、「マコチとの今の関係に満足」と言い切ってしまうユリカ、ひろ美もドン引きしてしまうほどヤバイです!

 

ユリカはマコチと5年前に別れているのですが、それ以降は連絡もとっていないし、消息もわからないという状態です。

ユリカにとってマコチは、初めての彼氏でした。

大学生のときに、焼肉屋でバイトをしていたときに知り合ったのです。

 

ダンサー志望の青年と女子大生のカップルはごく普通のカップルでした。

ユリカは19歳のときからマコチと付き合い始めましたが、ちょっとしたケンカがきっかけで22歳のときにマコチと別れてしまいます。

 

それから、ユリカは二人ほど男性と付き合ったのですが、その人たちがマコチと比べるとどうもイマイチだったため、マコチを神格化するようになりました。

若いときの彼氏ほど良かったってのは、定説ですよね。若いときほど、人間って純粋だし擦れてないから、イイオトコが多いのは当たり前。

 

また、女性の場合は年齢が上がるにつれて女性としての価値が下がってしまうので、イイオトコと出会える可能性が減ってくるのは、残念ながら仕方がないことですし。

それに、女性の方も若いときほど、相手に求める要求がそれほど多くないので、記憶の中の昔のオトコは完璧だったように思えてしまうのかもしれません。

 

そんなユリカは実は求職中。不動産屋の面接に行きます。

不動産屋を選んだのもモトカレ神のマコチの思し召しだそうです。

なんだかんだあり、ユリカはこの不動産屋に就職が決まり、働くことになります。社員は、男性ばかりである上にかなり個性豊かなメンバーです。

 

早速、内見に立ち会うユリカですが、初めてのお客さんから賃貸契約をゲットし、順調なスタートを切ることができました。お客さんの名前は、山下さん。

ユリカは山下さんをマジマジの眺め、マコチとホクロの位置が同じであることにトキメキを感じます。

 

そんなとき、ユリカは、ひとり会えていなかった同僚に初顔合わせすることになります。その人は名前がマコチと同じだったのでユリカはどんな人か気になっていました。

 

いよいよ現れたその人は…

なんとマコチ!!

 

苗字が違うってことは、結婚したの? 養子に入ったの? と動揺するユリカでしたが、両親の離婚で苗字が変わっていただけだったことを知ります。

SNSで再検索をかけると見事ヒット! マコチがまだ独身であることがわかり、ホッとします。

 

恋焦がれていたモトカレと再会! しかも、かつてはダンサー志望でフリーターだったモトカレがちゃんと就職してる! 最高ですよね!!

しかし、ユリカはリアルマコチの登場に戸惑ってもいました。

 

ユリカは妄想のマコチのことは好き勝手に自分の好みで作り上げていたので、リアルなマコチとの差に絶望するかもしれないと思っていたのです。

楽しい妄想マコチとの生活が脅かされることをユリカは心配していました。

 

ユリカの闇、深い! ユリカ歪んでいます。(笑)

翌日のユリカ、ついついメイクを盛ってしまってしまいます。

 

男性ばかりの同僚なのに盛りメイクに気づかれてしまうくらいですから、相当な気合いですよね!

そして、ユリカはマコチとお茶する流れになりました。

しかし、マコチはなんとユリカに対して、物件の営業を始めました。おすすめのマンションを熱心に勧めてくるマコチにユリカは深く傷つきます。

 

脳内でユリカを総動員させて会議を開いた結果、翌日のユリカは、ツーンとした雰囲気に仕上げることにしました。

恋をしている女の子が、些細なことに動揺し、いろいろととりとめもないことを考えてしまう感じ、わかります。

いろいろ考えた結果、方向性を決めますが、人から見たら、わりと不毛なんだろうな〜って感じが自分を見ているようで心が痛みました。(笑)

 

そんなとき、ユリカは不動産屋の最初のお客さんであった山下さんとちょくちょくデートする関係になります。

自分を好きそうにしてくれる山下さんと一緒にいる時間は楽しいのですが、今ひとつ恋人としてはう〜んと言った感じのユリカです。

 

そんな時、再びマコチとゴハンするユリカですが、なんとマコチは高級マンションに誰かと二人で住んでると言い出します。

腹を立てたユリカはマコチに強く当たり、マコチも言い返し気まずい雰囲気になります。

 

ユリカとマコチの関係はこれからどうなっていくのでしょうか??

「モトカレマニア」第2巻のネタバレ感想はこちら>>

「モトカレマニア」第1巻を無料で読みたい方はこちら>>

 

モトカレマニアカテゴリの最新記事