鬼滅の刃 鬼舞辻無惨が生まれた理由とは?生い立ちと過去から鬼になる経緯まで

【注意!】この記事は原作からのネタバレが満載のため、ネタバレを知りたくない人は絶対に読まないようにしてください。

先に漫画を実際に読む

 

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)は鬼の始祖であり、鬼狩りが長年追い続けてきた全ての鬼の元凶です。

 

炭治郎の母と兄妹を殺し、妹の禰豆子を鬼にした無惨。彼はいつ生まれて、どの様な経緯で鬼になったのでしょうか。

 

ここでは、鬼舞辻無惨の生い立ちと過去、鬼になるまでの経緯をまとめていきます。

 

スポンサードリンク

 

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨の生い立ちと過去

千年以上の昔、時は平安の頃、無惨はある母親のお腹の中で生の瞬間を待っていました。

彼にはいつも死の影がまとわりついていました。

 

腹の中で何度も心臓が止まり、生まれた時には脈も呼吸もしていませんでした。

 

赤ん坊は荼毘に付されようとしていましたが、彼は踠いて踠いて死の際から生にしがみつきました。

 

しかし、ようやく産声を上げた彼から死の影は離れませんでした。病弱に生まれた彼は二十歳を迎えること無く死ぬと言われていました。

 

スポンサードリンク

 

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨が生まれた理由【鬼になった経緯】

無惨は平安時代の位の高い家に生を受けました。

病弱に生まれ二十歳を迎えることはできないだろうと言われていましたが、少しでも生き永らえるよう医者が懸命に治療を続けていました。

 

調合された薬を飲み続けるも一向に快方に向かわないことに腹を立てた無惨は、その医者を殺してしまいます。

しかし、処方されていた薬は確実に効いていたのです。

 

医者が死んで間もなく、身体に力がみなぎり、常人以上の強靭な肉体を手に入れました。

 

ただしそれには大きな代償があったのです。

人の血肉を欲することと、陽の光の下を歩けなくなったことでした。

 

人の血肉は人を喰えば解決する為、無惨にとってはさほど問題にはなりませんでしたが、日中の行動制限が彼の自由を奪い怒りが鬱積していきました。

 

医者に訪ねようにももうこの世にはいません。

調合にあった「青い彼岸花」という薬が手がかりでした。

 

自身の血を分け与えると無惨と同じ体質の者ができることから、青色の彼岸花を探すことと、陽の光を克服する者を探すために自分の同類を増やしていったのです。

無惨の形態・血気術一覧はこちら

 

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨の生い立ちは漫画の何巻・何話で分かる?

15巻・第127話「勝利の鳴動」で、炭治郎たちが上弦の肆を倒した際に禰豆子が日の光を克服したことから無惨が鬼になった経緯が語られます。

 

最終巻23巻・第201話「鬼の王」では無惨が生まれた時のことを回想する場面が描かれています。

鬼滅の刃の漫画を無料で読む方法はこちら

 

スポンサードリンク

 

まとめ

鬼舞辻無惨についてまとめてきました。

彼が鬼と呼ばれる存在になったのは、薬による副作用なのか定かではありませんが、偶然によるものでした。

 

けれど、彼が私利私欲のためだけに行ってきた非常な行為は、正しく鬼と言えるものでした。

 

タイトルとURLをコピーしました