「娘の友達」1巻のネタバレあらすじと感想/晃介と古都の出会いと踏み入れてはいけない道

NO IMAGE




「娘の友達」1巻のネタバレあらすじと感想についてまとめていきます。

この記事には内容のネタバレが含まれていますので、ネタバレを知りたくない方は絶対に記事を読み進めないようにしてください。

序盤のシーンだけでも読んでおくと内容が頭に入ってきやすいと思うので、まずは第1巻の序盤を無料試し読みしてみることをオススメします。

「娘の友達」1巻を無料で試し読み

 

スポンサードリンク

「娘の友達」1巻のネタバレあらすじ

喫茶店での出会い

主人公・晃介は妻を亡くし娘と2人暮らし。

会社では成績優秀で、同僚からの飲みの誘いも断るなど、真面目な性格でもあった。

そんな晃介には仕事終わりによく訪れる喫茶店が。

 

いつものようにその店を訪れると、初めて見るとても可愛い女の子の店員が働いていた。

晃介は接客に不慣れな彼女を少し手助けしてあげたことで、彼女に気に入られる。

 

娘の友達

晃介の娘はまだ高校生だが、不登校で父親にも反抗していた。

晃介は学校に呼び出され娘の先生にも怒られる始末。

妻を亡くしてからの自分の不甲斐なさを嘆きながら学校から帰っていると、喫茶店で出会った店員のの女の子に出くわす。

 

その子は高校生で、なんと娘・美也の友達の古都だったのだ。

そしてなぜかその場でLINEを交換することになる。

 

小悪魔な女の子・古都

職場では成績優秀なエースという立場なので、晃介は上司と部下の板挟みになり苦労することも多かった。

仕事に疲れ帰っていると、再び古都に遭遇。

雨が降っており、古都は傘を持っていなかったので、晃介は古都を傘に入れてあげる。

 

相合傘をしながら歩いていると、会社の部下に遭遇。

部下からその子は誰かと聞かれ言葉に詰まっていると、古都はすかさず機転を利かせ「娘です」と返事。

その後も古都は晃介の頭を撫でたりと、古都の可愛らしい言動に晃介は心拍数が上がっていた。

 

古都との2人きりでのカラオケ

その後も娘との関係が改善する兆しは全く見えず。

生意気な部下に悩まされ、仲良くしてた同僚とも酒が入り喧嘩に。

晃介の精神は日に日に壊れて行ってた。

 

そんな中、古都の存在だけが唯一の癒しになっていた。

喫茶店を訪ね古都に美也のことを相談する晃介。

流れで、2人はカラオケに行くことになった。

 

女子高生と2人きりで個室に入ることにドキドキする晃介。

気持ちのやり場がわからずモジモジしていると、古都は「私にだけは甘えていい」といい晃介を抱きしめる。

その後は特に何もなく、いつも通り帰宅した。

 

道を踏み外す晃介

翌日も晃介は会社で上下からのプレッシャーに押し潰され、吐きそうになっていた。

勤務中、会社に古都が訪れる。

古都は傘を返しにきたようだが、せっかくなので帰り道を送っていく晃介。

 

本来ならそのまま会社に戻らなければいけないはずだが、会社という「地獄」と、古都という「天国」が脳内で同時に晃介を呼んでくる。

気付いたら晃介は、古都と一緒に新青森行きの新幹線に乗っていた。

古都の提案で携帯の電源も切り、新幹線の中でドキドキのゲームをする2人。

 

心を落ち着かせるため晃介はトイレに行くと、自分の体が正直に反応してしまっていることに気づく。

このままではまずいと思い次の駅で降りることを提案する晃介。

すると突然、古都は晃介の唇を奪う。

 

大人をからかいすぎだと言い新幹線から降りる晃介。

スマホの電源を入れると、会社の部下や同僚から鬼のように連絡が入っていた。

しかしその後も古都に翻弄され、気づいたら2人はネカフェに。

 

東京行きの終電が近づいていることを知りながらも古都は再び晃介にキスをする。

その時、いつもは口も聞こうとしない美也が、父親が帰ってこないことを流石に不審に思い、晃介に電話を入れていた。

スポンサードリンク

「娘の友達」1巻の感想

第1巻では、主人公・晃介が踏み入れてはいけない道に足を踏みれてしまったところで終わりました。

もちろん冷静に考えれば晃介はなんとしてでも古都からの誘惑を振り切るべきなのですが、
家庭にも職場にも居場所がなく今にも精神崩壊しそうな状態。

 

そんな中で天使のような可愛い女の子からあざと過ぎる誘惑をされて、男として冷静でいられる方がおかしい。

もし自分が晃介のような精神がやられている立場で同じ状況になったら。。

 

踏み入れては行けない道だとは分かっていても、晃介のように着いて行ってしまう人がほとんどなのではないでしょうか。

 

晃介のような根が真面目な人ですらそうなのですから、普通の男なら絶対に耐えられませんね。笑

ただ晃介のやっていることは倫理的にも法律的にもアウト。

 

もしバレたら、会社や家庭どころか、社会においても居場所が無くなってしまいます。

今後の展開として晃介に地獄が待っていることは間違い無いでしょうから、
第2巻以降はハラハラ・ドキドキしながら読み進めることになっていきそうです。。

 

「娘の友達」1巻を実際に読んでみよう!

文字でざっくりとしたネタバレを書いていきましたが、作品の本当の面白さは実際に漫画を読んでみないと伝えることはできません。

また、登場するキャラクターの魅力も実際の絵を見てこそ分かるものです。

 

そこで、実際に「娘の友達」1巻を読んでみることをオススメします。

「娘の友達」1巻はU-NEXT

・31日間無料お試し期間

・無料で付与される600ポイント

を使えば、通常660円を60円で読むことができます。

 

漫画の電子書籍だけでなく、同じプランで14万本以上の映画やドラマも見放題で見れるので、

まずは無料期間でサービスを存分に楽しんでみてください。

「娘の友達」1巻をU-NEXTで格安で読む

 

 

娘の友達カテゴリの最新記事