「家政夫のナギサさん」1巻のネタバレあらすじと感想/メイと家政夫の不思議な出会い

NO IMAGE




漫画「家政夫のナギサさん」第1巻のネタバレあらすじと感想についてまとめていきます。

なお、この記事ではざっくりとした内容をまとめていきますが、実際に漫画を読んでみると何十倍も楽しめるので時間のある方はぜひコミックを読んでみてください。

また、コミックを読む前にネタバレを知りたくない方はこの記事は読み進めないようにしてください。

 

スポンサードリンク

「家政夫のナギサさん」1巻のネタバレあらすじ

主人公・相原メイが家に帰ると、そこには知らない家政夫の男が。

あまりにも家を片付けられないメイを見かねて、妹たちが勝手に雇っていたのだ。

家政夫の名前は鴫野(しぎの)ナギサ。

女の一人暮らしに男の家政夫などありえないと腹を立てたメイだったが、先払いで払った代金は返せないという理由で1ヶ月は雇わないといけなくなった。

 

メイは大手製薬会社のMRとして働いている。

家政夫のナギサは部屋を綺麗に片付け美味しい食事を出してくれるだけでなく、メイの弁当まで用意してくれるという完璧な仕事をしていた。

 

ある日、メイは泥酔して帰宅する。

職場で老害の上司にセクハラ的なことを言われ、その怒りを酔った勢いでナギサにぶつけていた。

メイの部屋の様子からメイは努力家であることが分かると励ますナギサ。

 

するとメイは疲れが限界に達し、その場で眠りにつく。

メイはナギサに抱き抱えられベッドまで運ばれる。

そして母親の夢を見ながら、ナギサの手を握り穏やかな顔で眠っていた。

 

スポンサードリンク

「家政夫のナギサさん」1巻の感想

「家政夫のナギサさん」は1巻あたりが短いので、展開が非常に早く読み進めやすい。

第1巻では、メイとナギサさんの出会いからベッドで2人で寝るところまでが描かれました。

 

朝起きた後のメイの反応が楽しみ(笑)

「そもそも女性の一人暮らしなんだから男性の家政夫さんをそんな気軽に雇ったら危ないでしょ。。」
というマジなツッコミはここではやめておくとして、
冷静で落ち着いた性格のナギサさんとその真逆で激情型な感じのするメイとのコンビは第1巻から中々見応えがありました。

 

気になるのはナギサさんはなぜ家政夫になろうと思ったのかということ。

なんだか彼には訳ありな雰囲気がありますが、実際のところどうなのでしょうか?

2人の恋模様も今後どんどん展開していくと思うので、しっかりと見守っていきたいと思います。

 

家政夫のナギサさんカテゴリの最新記事