薬屋のひとりごと 4巻のネタバレ見どころと感想

NO IMAGE




漫画「薬屋のひとりごと」第4巻のネタバレ見どころと感想について見ていきます。

なおこの記事で紹介するのは完全なネタバレではなくあくまで見どころと感想を紹介するものです。

 

そのため第4巻を読む前にこの記事を読んでも漫画を楽しむことはできますが、
見どころを紹介する上でどうしても多少のネタバレは含まれるので、「全くネタバレを知りたくない」という方はこの記事の閲覧をお控えください。

 

 

薬屋のひとりごと 4巻のネタバレ見どころ

それでは早速「薬屋のひとりごと」第4巻のネタバレ見どころを紹介していきます。

漫画「薬屋のひとりごと」第4巻は、後宮のお堀に浮かんでいる、一人の侍女から始まります。

 

猫猫がその真相を探る中で、阿多妃と壬氏の関係も明らかになります。

後宮内では妃同士が上級妃の座を争い、それぞれの取り巻きも陰謀を企てるのでした。

 

4巻のネタバレ見どころは、壬氏が宦官でないことを猫猫が知ってしまう場面です。

後宮内で皇帝以外に男性が存在することは、最大のご法度となっていました。

それが誰かに分かってしまっては、大変な騒ぎになります。

 

猫猫は何とか壬氏がばれないよう、ドキドキしながら毎日を過ごしています。

そうしたある日、猫猫は友人の小蘭が次の就職先を探しているのを知ります。

 

小蘭は元後宮内の侍女でしたが、理由あって後宮を後にしたのでした。

猫猫と子翠は小蘭の就職の手伝いをするため、大浴場に向かうことになります。

 

そんな最中、第四夫人の里樹妃が幽霊を見たとの話が伝わってきました。

猫猫たちは真相をつきとめるべく、動き出します。

その一方で、翡翠宮でもある問題が起こっていました。

 

それは、玉葉妃のお腹の中の子供が、逆子だと分かったからです。

後宮にはちゃんとした医官はおらず、そのままで出産するのは命に関わります。

 

猫猫は医者でもある養父・羅門を後宮に入れようとしますが、そこでも新たな問題が生じることになります。

猫猫は自分の身の周りに起こっている事件を調べるうちに、ある共通点があることに気がつきました。

 

そして、さらに真相を調べているとき、何者かに拉致されてしまいます。

宮廷内では長きにわたり、黒く濁った澱のようなスキャンダルが渦巻いていました。

 

その凝り固まったスキャンダルが、遂に国中を巻き込んだ大事件に発展することになります。

以上が漫画「薬屋のひとりごと」第4巻のネタバレ見どころとなります。

 

スポンサードリンク

薬屋のひとりごと 4巻の感想

続いて、漫画「薬屋のひとりごと」第4巻の感想になります。

 

漫画「薬屋のひとりごと」第4巻では、猫猫の色々な表情が見られるのも楽しみのひとつです。

いずれも可愛らしい表情が描かれており、カバー裏まで満喫できます。

 

一方、阿多妃の凛々しい姿もまた格別で、猫猫や里樹妃、小蘭の可愛さを引き立てます。

漫画「薬屋のひとりごと」には原作がありますが、漫画になっても原作の良さが失われていません。

 

むしろヒロインたちの表情が豊かに描かれており、原作以上の魅力を感じさせるストーリーとなります。

阿多が里樹と分かれるときに見せる表情などは、胸を締め付けられる想いがあります。

 

印象的なシーンとしては、壬氏が満面の笑みを浮かべながら、猫猫に頼みごとをする場面が挙げられます。

少しいじけながらも、壬氏は園遊会に現れるわけです。

 

猫猫は照れながらも彼の頼みごとを聞きますが、それを無表情で見守る高順の姿も印象的です。

漫画「薬屋のひとりごと」は作画と構成がはっきり分かれており、その分、一コマひとコマ丁寧に描かれています。

 

全体としても作者陣の努力の跡が伝わるので、どの場面をを見ても楽しめる漫画に仕上がっています。

それでも、時には読者を考え込ますような、奥深いキャラクターの描き方もなされます。

 

例えば、風明との面識を聞かれたときの里樹妃の表情は、内面の複雑な感情が表に出ています。

本作はサスペンス系の内容でありながら、テンポ良く描かれているので、サクサク読めるのが魅力でもあります。

 

謂わば、4コマ漫画のような爽快なリズム感がある漫画となってます。

そのテンポの良さは第4巻でも失われておらず、キャラクターのアングルやコマ割を含めて快適に読めます。

 

作画の演出自体が素晴らしいので、原作の内容を知っている読者でも楽しめる作品に仕上がっています。

第4巻も最高の作画となっており、最高におすすめの作品です。

 

これを読む読者は、誰もが次が待ち遠しくなること間違いなしです。

ストーリーの展開が速いので、本巻で終わるのではないかと心配になるくらいです。

 

但し、実際には次巻にしっかり続くので、読者はほっと胸をなでおろすことになります。

これまで描写が少なかったキャラクターも、色々登場するのも嬉しいポイントです。

 

その中でも梅梅や女華も入っており、美しく可憐に描かれていて楽しめます。

漫画「薬屋のひとりごと」は原作を知らない読者にとっても、読みやすい漫画です。

 

ストーリーに関する説明がなされており、第4巻から入っても充分に楽しめます。

冒頭では猫猫が襲われた経緯についても、分かりやすく描かれたりします。

 

また、侍女たちが出世した後の対応に関しても、解説がなされています。

こうした単体の漫画でも分かりやすいのは、全ての読者にとって優しい構成だと言えます。

 

それでも、前巻を読めばさらに理解が深まって面白くなります。

第4巻の主人公・猫猫は里帰りから戻ってきて以来、後宮での騒動が起こるたびに周りから頼られる存在となりました。そ

 

こでは花街出身である彼女の逞しさが発揮されており、世間とは隔絶された後宮との対比が特徴的です。

園遊会での里樹妃毒殺未遂事件では、彼女の推理が冴えわたることになります。

 

数々の修羅場を経験してきた猫猫にとっては、後宮の人間関係など単純な姿に映ったのかもしれません。

結局は高貴な身分といえども、卑しい身分の人となんら変わらないのだと実感させられます。

 

いやむしろ、閉鎖された世界だからこそ、余計にドロドロした人間の暗い部分が表に現れてくるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

まとめ

漫画「薬屋のひとりごと」第4巻のネタバレ見どころと感想について見ていきました。

 

「薬屋のひとりごと」第4巻はFODプレミアムというサイトを使えば電子書籍で無料で読むことができます。

 

【漫画「薬屋のひとりごと」第4巻を無料で読む方法】
・FODプレミアムの1ヶ月間無料お試し期間に登録
(無料期間中に退会すれば月額料金はかかりません)
・無料期間中にタダでもらえる1300ポイントをゲット
・タダでもらえたポイントを使って、漫画「薬屋のひとりごと」第4巻を購入

→FODで「薬屋のひとりごと」第4巻を無料で読む

 

*配信状況は2019年3月4日時点の情報です。最新情報は公式サイト(上記リンク)にてご確認ください。

 

薬屋のひとりごとカテゴリの最新記事